読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

clock-up-blog

go-mi-tech

僕はPHPを肯定する

PHP 言語 ドキュメント コミュニティ

言語を選ぶこと

C++ばかり10年ほど触っているロートルですこんにちは。
浦島になりたくないので最近はちゃんとWeb系とか触るようにしてます。

ところで僕が言語やフレームワークを選ぶときに見る基準の中で大きなところは、リファレンスの精度とコミュニティの大きさです。コアなエンジニアが PHP 嫌ってるの見たりしますが、僕は PHP 割と好んでます。

PHPの良さ。それはリファレンス

PHP は特にリファレンスが素晴らしい。
さらっと思いつくだけでもこれだけの良さがあります。

  • Google検索で関数名を検索すれば、公式リファレンスが真っ先にヒットする
  • バージョンが明記されている
  • 型が明記されている
  • 警告・注意事項が明記されている
  • 例外処理が明記されている
  • 使用例がいくつも示されている
  • 関連関数へのリンクに簡単にアクセスできる
  • 任意コメントを付けることができる
  • 実際に有用なコメントが多く集まっている
  • リファレンスに対してバグレポートを簡単に送れる

リファレンス例
PHP: file_get_contents - Manual

これだけのものを満たしているリファレンスって、LL (lightweight language) では他にあまり見たことがありません。公式リファレンス自体にコミュニケーション機能が付いてるおかげで、自浄作用がガンガン進むんですね。とても良い進化をしている。

このあたりの良さ、他の言語リファレンスも見習うべきではないですかね。

他の良いところ

どのレンタルサーバでも動く。良くも悪くもデファクト・スタンダードなんです。

いろいろ語るところは多いですが、今回はリファレンスの良さを示したかっただけなので、ここまで。

});