読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

clock-up-blog

go-mi-tech

Chrome のUI描画周りがおかしいときの対処

Chrome Windows

なんかメニューがチラチラと消えるんですけど…


謎い。
メニューの中のサブメニューを開くとメニュー項目が消える。
後で試したがコンテキストメニューでも同様の現象が起きた。

先に結論

Chrome の起動オプションに「--disable-gpu」を入れると余計なアクセラレーションが働かなくなって問題が解決されることがあるよ、というお話。

再現状況と原因の考察

何故かサブモニタ上でのみこの現象が起きる。
しかも最近は再現率100%で起きる。

環境は以下の通り。

サブモニタ上でのみ問題が発生するってことで、描画周りが怪しいといえば怪しい。

GPU関連情報を見てみる

chrome://gpu」でGPU関連情報が表示されるんだなコレが。
f:id:kobake:20140114143805p:plain:w600
「Texture Sharing」が赤くなっていたり、いくつか Problems Detected ってなっているが、結論から言うと、これが原因だったかどうかは正直よく分からない。

思考錯誤

兎にも角にもいろいろサイトから情報を漁った結果、
やはり描画周り、ビデオ周り、レンダー周りが怪しい、ってことで
ひたすら「chrome://flags」の関連項目をオフにしまくったが解決せず。
ついでに Chrome 32.0.1700.72 m を Chrome 33.0.1750.27 dev-m に変えてみたりもしたけど解決せず。

うまくいった対策

結局、Chrome の起動オプションに「--disable-gpu」を付けたら、なんか解決した。

f:id:kobake:20140114144344p:plain:w400

List of Chromium Command Line Switches « Peter Beverloo によると、

--disable-gpu
Disables GPU hardware acceleration. If software renderer is not in place, then the GPU process won't launch.

とのこと。

対策後のGPU関連情報

まぁ眺めたところで詳しいことはよく分からンゴ
f:id:kobake:20140114143810p:plain:w600

});