読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

clock-up-blog

go-mi-tech

Android実機デバッグ設定・トラブルシューティング

Android 環境構築

Android実機(端末デバイス)でのアプリ実行

ドライバやら何やらいろんな要因で失敗する人がけっこういますね。
トラブルシューティングを含めて設定方法を紹介します。
f:id:kobake:20140520100530j:plain:w250

前提

とりあえず PC 側 は Windows での Eclipse 環境前提ですが、他環境でも近い手順が使えると思います。

設定手順

端末の設定を開発用に変更

端末側の「設定」で「タブレット情報」を開き、「ビルド番号」を7回タップする。
これで「開発者向けオプション」が表示される。
f:id:kobake:20140520113312p:plain:w400

「開発者向けオプション」で「USBデバッグ」をONにする。
「USBデバッグを許可しますか?」という確認では「OK」を選択。
f:id:kobake:20140520112513p:plain:w400

接続

USBケーブルでPCと端末を繋ぐ
「PC Companionソフトウェア (のような表示)」という表示が出たら「インストール」を選択。(これは端末により出たり出なかったり)
f:id:kobake:20140520112852p:plain:w400

PC側でインストーラ実行確認が出たら、実行。
必要に応じて各端末メーカーから配布されているドライバをインストールする。

完了(?)

この時点で Eclipse から Android アプリケーションを実行すると、端末側で実行できるようになっ…たらけっこうラッキーです。
問題なければそれで準備完了です。

以下、ドライバをちゃんと確認していく手順。

ドライバの入手

ドライバの入手その1:端末に入っているドライバ

USBケーブルでPCと端末と繋いだときに「PC Companionソフトウェア (のような表示)」という表示が出た場合、「インストール」を押すとPC側にドライバが転送され、インストーラを実行できることがあります。これがひとつめの選択。これで問題なければ以下不要。

ドライバの入手その2:メーカーから配布されているドライバ

メーカーページからがんばって探してください。Google検索をうまく使いましょう。

「端末型番 driver download」のようなキーワードで探すのがオススメ。
たとえば Sony Experia Tablet Z (SGP311, SGP312) の場合、「SGP312 driver download」で検索すると、こんな感じのドライバ配布ページが見つかります。

ZIP等の圧縮形式で配布されていることが多いです。
解凍して使いましょう。

ドライバの入手その3:Google USB Driver

メーカー配布のドライバが見つからなかったときの頼みの綱。認識しないことも多いですが試す価値はあるでしょう。

Window - Android SDK Manager から Google USB Driver を入れる。

f:id:kobake:20140520103416p:plain:w350 f:id:kobake:20140520103608p:plain:w350


「~\sdk\extras\google\usb_driver」あたりにドライバファイルが格納されます。
f:id:kobake:20140520105348p:plain

ドライバのインストール

インストーラの実行

実行形式のインストーラがある場合、それを実行して完了。

ZIP形式の場合

ZIP形式などの場合、手動でインストールする必要があります。
以下その手順。

デバイス認識状態の確認

デバイスマネージャで黄色い「!」があれば、そこをダブルクリックしてドライバを手動で入れ直してみる。(Android端末とは関係ないデバイスの可能性もあるので注意。ケーブル抜き差しして「!」のところに変化があるようであれば、それがAndroid端末の項目です)
f:id:kobake:20140520105836p:plain:w240

ダブルクリックして出てくる画面。入手済みのドライバが格納されているディレクトリを指定してインストールを進めましょう。

f:id:kobake:20140520110404p:plain:w300 f:id:kobake:20140520110406p:plain:w300
f:id:kobake:20140520110410p:plain:w300

端末が認識できているかどうかの確認方法

Run/Debug Settings で Target を Always prompt to pick device にしておきます。
f:id:kobake:20140520095829p:plain:w300

f:id:kobake:20140520095832p:plain:w400 f:id:kobake:20140520095836p:plain:w430

そうすると、プロジェクトを実行しようとしたときに Android Device Chooser なるものが出ます。
f:id:kobake:20140520095839p:plain:w400

端末が認識されていれば、端末名が出ます。ケーブルを抜き差しして、表示が出たり消えたりするようであれば、問題なく認識できているはず。
f:id:kobake:20140520095842p:plain:w400

うまくいかないとき

USBケーブルを抜き差ししてみる

意外とこれが効いたり。

「USBデバッグ」オプションを切り替える

USBケーブルを接続した状態で、端末側の「開発者向けオプション」の「USBデバッグ」をOFFにしてONにし直す。
これもなかなか効くことがある。

adbサーバを起動しなおしてみる

platform-tools ディレクトリの中に cd して、以下を実行。

> cd C:\adt-bundle-windows-x86_64-20140321\sdk\platform-tools
> adb kill-server
> adb start-server

最後のお祈り

  • Android 端末を再起動してみる
  • Eclipse を再起動してみる
  • Windows を再起動してみる
});