読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

clock-up-blog

go-mi-tech

CentOS でソフトウェアの追加・更新をGUIで行う

CentOS サーバ 環境構築

概要

ソフトウェアの追加・更新をGUIツール (gpk-application) にて行う。
dbus 関連でハマることがあるので、そのあたりも解説する。
f:id:kobake:20141229233103p:plain:w300

rootログイン

ソフトウェアの追加・更新を行うために、root でログインします。
今回はリモートデスクトップ経由で。
f:id:kobake:20141229233812p:plain:w500

GUIツール導入

# yum -y install gnome-packagekit

起動してみる

System - Administration - Add/Remove Software のメニューができるので、選択してみる。

f:id:kobake:20141229231640p:plain:w300 f:id:kobake:20141229231732p:plain:w300

警告っぽいメッセージ「Package installer is running as a privileged user」が出るが、無視して「Continue Anyway」を押してみる。

f:id:kobake:20141229232011p:plain:w200

…が、ダメ。無反応。

原因を特定する

ターミナルから gpk-application を起動してみる。
f:id:kobake:20141229232133p:plain:w400

# gpk-application

** Error **: This program cannot start until you start the dbus system service.
aborting...
Aborted

dbus というものを start する必要があるらしい。

dbus 関連を立ち上げる

# service messagebus status
messagebus is stopped

# service messagebus start 
Starting system message bus:                               [  OK  ]

# service haldaemon status
hald is stopped

# service haldaemon start
Starting HAL daemon:                                       [  OK  ]
  • messagebus … ハードウェア情報収集サービス。haldeamon の起動に必要。
  • haldeamon … D-BUS プロトコルをサポートをデーモン。

GUIツール起動再試行

f:id:kobake:20141229231640p:plain:w300 f:id:kobake:20141229232446p:plain:w300

立ち上がった!!

何か入れてみる

とりあえずEmacsでも…。
f:id:kobake:20141229233103p:plain:w400

インストール完。メニューが増えた。
f:id:kobake:20141229233009p:plain:w300

Emacs起動成功。
f:id:kobake:20141229232846p:plain:w400

おしまい

なんとなく興味があったのでGUIツール入れたけど、それほど使いやすいわけでもないです。
yum コマンド打つほうが個人的には楽。

});