読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

clock-up-blog

go-mi-tech

インターネット経由で公証役場に電子定款を送る

登記 PDF ツール

電子定款ができたら、ネット経由で公証役場へ送ろう

前回の記事で、電子定款(PDF)へ電子署名をするための手順を解説しました。

電子定款による定款認証を行うためには、当然ながら紙ではなくデータとしての定款を公証役場に送る必要があります。

専用のツールを使って送る必要があり、その操作がまたややこしかったので、メモとして手順を書き残しておきます。

f:id:kobake:20150111210154j:plain:w300
ʅ(◉ ◒ ◉ʅ)ウヒョー

事前準備

署名済み電子定款

電子署名が付与された電子定款をあらかじめ作っておく必要があります。

f:id:kobake:20150111010204p:plain:w250

住民基本台帳カード (住基カード)

f:id:kobake:20150110070605j:plain:w250
ICチップが入ってるやつ。あらかじめ電子証明書を交付してもらう必要あり。

ICカードリーダ

住基カードを読み取れるもの。

SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi(パソリ) USB対応 RC-S380

SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi(パソリ) USB対応 RC-S380

公証役場にあらかじめ定款のFAXを送り、事前認証を受けておく

正式に定款を送信する前に、あらかじめ公証役場にFAXで定款を送り、事前認証を受けておく(正式な定款認証を受ける前の段階として、文言など問題がないことを確認してもらう)。基本的に電話とFAXでやりとりをすることになるが、問題なければ、じゃあ電子定款の送信お願いしますね、っていう流れになるはず。

その際、公証人の名前をきちんとメモしておくこと。データ送信時に必要な情報になる。

登記ねっとで申請者情報登録を行う

「申請者情報登録」ボタンから。
f:id:kobake:20150111200804p:plain:w300

登記ねっとを利用するための、ID、パスワード、個人情報などを登録する。

ひとつ気を付ける点があって、登記ねっとのシステムを使える時間帯は、基本的に平日の8:30~21:00となっています。・・・( ´_ゝ`)ふーーーーん

申請用総合ソフトをインストールする

登記ねっとから申請用総合ソフトのインストーラを入手し、インストールを行う。

インストーラ
f:id:kobake:20150111172706p:plain:w500

操作手引書。
f:id:kobake:20150111172709p:plain:w500

インストール。

f:id:kobake:20150111165629p:plain:w300 f:id:kobake:20150111165638p:plain:w300
f:id:kobake:20150111165645p:plain:w300 f:id:kobake:20150111165650p:plain:w300

インストールで特に何か入力するものは無いっぽい。(デスクトップショートカットを作るかどうかを選択するくらい)

申請用総合ソフトを起動する

スタートメニューまたはデスクトップから、申請用総合ソフトを起動。
f:id:kobake:20150111171910p:plain:w400

申請用総合ソフトを起動すると、まず認証情報を聞かれる。
登記ねっとの申請者情報登録で登録したID,パスワードを入力して利用開始する。
f:id:kobake:20150111165947p:plain:w250

申請書の作成を行う

申請用総合ソフトを起動すると、以下のようなウィンドウが開くので、「申請書の作成を行う」をクリックし、申請書の作成に進む。
f:id:kobake:20150111173517p:plain:w300

いきなり選択項目の多いツリーが表示され面食らうことだろうが、とりあえず電子定款を公証役場に送るのであれば、「電子公証」の「電磁的記録の認証の嘱託」を選択すればOK。
f:id:kobake:20150111174627p:plain:w300

必要項目を入力する。事前認証のときに確認した公証人の名前を選択することに注意。
f:id:kobake:20150111175129p:plain:w500

で、確定ボタンが見つからず悲しい気分になる方が多いかと思うが、ツールバーの右のほうに「完了」というボタンがしれっとあるので、それを押す。
f:id:kobake:20150111174711p:plain:w500

で、保存が行われる。「保存」っていったいどこに保存されているのかこの時点では意味わかんないと思うけど気にしない。
f:id:kobake:20150111175442p:plain:w250
f:id:kobake:20150111175444p:plain:w150

で、次。
実はこの↓ウィンドウは「申請書の作成を行う」ボタン以外は、単なる説明の文章であり、どこか他にクリックできるところがあるわけでもない。こんなものはとっとと閉じよう。
f:id:kobake:20150111175819p:plain:w300

実はこっちがメインのウィンドウなのだが、↑のウィンドウに隠れていて存在感が薄い。
f:id:kobake:20150111175749p:plain:w500
で、操作ボタンがいっぱいある。

「電子公証」というタブを開くと、さきほど保存したとされる申請書が見つかる。
f:id:kobake:20150111195540p:plain

申請書に定款 PDF を添付する

対象の申請書を選択し、ツールバー上の「ファイル添付」をクリックする。
f:id:kobake:20150111195547p:plain

ファイルを追加するためのウィンドウが開くので、「ファイル追加」ボタンを押し、あらかじめ準備しておいた署名付き PDF を選択する。
f:id:kobake:20150111195737p:plain:w400
f:id:kobake:20150111200119p:plain:w400

「保存」を押してファイル添付完了。
f:id:kobake:20150111200251p:plain:w400

申請書項目の左側に添付マークが付く。
f:id:kobake:20150111201224p:plain

申請書に署名を付与する

続けて署名を行う。ICカードリーダーから住基カードが読めるようにデバイスをセットしておこう。
f:id:kobake:20150110070600j:plain:w250

対象の申請書を選択した状態で、ツールバーの「署名付与」ボタンを押す。
f:id:kobake:20150111201241p:plain

署名用のウィンドウが表示される。「ICカードで署名」ボタンを押し、パスワードを入力する。
f:id:kobake:20150111201933p:plain:w450
f:id:kobake:20150111202143p:plain:w450

申請書項目の左に署名マークが追加された。
f:id:kobake:20150111202207p:plain

データを送信する

データを送信する準備ができた。
対象の申請書を選択した状態で、「申請データ送信」をクリックする。
f:id:kobake:20150111202420p:plain

データ送信用ウィンドウが開く。「送信対象」にチェックを入れ、「送信」をクリック。
f:id:kobake:20150111202817p:plain:w400

送信が完了した。
f:id:kobake:20150111202819p:plain:w400

処理状況表示ウィンドウの「処理状況」が「到達待ち」になった。ツールバーの右のほうの「更新」を押すと、処理状況が更新される。
f:id:kobake:20150111204823p:plain

1分もしないうちに、「到達・受付待ち」になるはず。
f:id:kobake:20150111203221p:plain

ここまで来たら、あとは公証役場に向かい、手続きを済ませるだけ。

定款認証後

公証役場での定款認証を終えた後、処理状況表示ウィンドウの表示を更新してみたところ、
「処理状況」は「手続き終了」になっていた。
f:id:kobake:20150111203724p:plain

おしまい

( ´_ゝ`)

});