読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

clock-up-blog

go-mi-tech

電波時計が届いた

雑学

なんか届いた

f:id:kobake:20150307112509j:plain:w400
注文した記憶がなかったがメールを漁っていたら3日前の深夜に楽天で発注した形跡があった。僕は寝る前の記憶をよくなくす。

f:id:kobake:20150307112836j:plain:w400
型番「CH-899」。
「M.SET」「REC」というボタンが確認できる。中央に謎の球体。

マニュアル

マニュアルは入っていない。「説明するまでもないよね」ってことなのだろう。ごめんなさい。

型番で検索したらPDFのマニュアルが見つかりました。あ、あるんだ。
時計製品のお取り扱いについて | Support | Lemnos Inc.
http://www.lemnos.jp/contents/pdf/support/radio_controlled_clock_manual4.pdf

結論からいうとこのマニュアルはそれほど役に立たなかった。最も大事なことが書かれていない。

すぐに電池を入れても動かない

電池を入れると妙に高速な「カチカチ」が聴こえ始めるのだが、表面の針はピクリとも動かない。

先にピンを抜こう

●「時計がおかしいな?」と思ったら 電波時計の場合 Amber「アンバー」
このへんを見ていたらなんとなく理解した。時計の駆動部分なんてだいたい同じパーツが使われているものなので、型番が違う時計の情報でもある程度役に立つ。電池を入れる前にピンを抜く必要があるらしい。

裏面中央のBB弾みたいな球体がピンであり、これを掴んで引っ張ると抜ける。けっこう力を込めて引っ張る必要がある。
f:id:kobake:20150307114926j:plain:w400
f:id:kobake:20150307114928j:plain:w400

抜かれたピン。
f:id:kobake:20150307113425j:plain:w400

それから電池を入れよう

電池を入れてしばらくすると、針の高速回転が始まる。

高速で回転する電波時計。正しい時刻にたどり着くとピタリと止まる。

とりあえず今は正しい時刻を指して動いている。
f:id:kobake:20150307112502j:plain

使い方おさらい

  • まず裏面のピンを抜く。(だいじ)
  • それから電池を入れる。
  • 針が高速回転しだす。終わるのを待つ。
    • 失敗すると00:00:00に戻ってしまうが、また一定時間経てば再び高速回転が始まる。
    • 成功すれば現在時刻にピッタリ合う。
});