読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

clock-up-blog

go-mi-tech

いつかここを本当に求めて見つけてくれる人々のために

先日、N進数計算およびエンコード/デコードのロジック - clock-up-blog という記事を書きましたが、一体何人の方がこれを最後まで読み切ったでしょうか。長文ですので全文に目を通すのは後回しにした方が多いかと思います。その判断は間違いではありません。

基本的に基礎技術に関する知見の記事において Twitterはてなブックマーク等の「タイムライン経由」でのアクセスは、よっぽどの時事ネタでもなければほとんど意味がありません。

流行り廃りのゴシップでもなければ水物でもないのです。
そのような部類の知見の記事というのは「必要に駆られて」見に来られたときに初めて本来の価値が出ます。

人間の時系列は基本的にずれているのが常なので、記事を出した瞬間にそれが本当に必要な人に届くことは非常に稀、というかほぼあり得ないことでしょう。

僕は、本当にそれが必要な人にそれが届くことを望んで記事を書いていますが、それが叶うにはとても長い時間がかかることを覚悟しています。いつか誰かが必要に駆られてインターネットの海を泳ぎ泳ぎ偶然にも僕の書いた記事に漂着する、その瞬間にそれは達成されます。情報と人間のマッチングはそう簡単にうまくはいかないのです。

それでも僕はそれを長いスパンで望んでいます。

どうかそのあたりのアカデミックな基本思想を汲み取ってもらえることがあるなら、僕は少し報われます。なにとぞ今後ともよろしくお願い致します。

});