clock-up-blog

go-mi-tech

ちょっと古いプロダクトの Warning エラー無視

ちょっと古いプロダクトのソースコードを新しめの gcc でビルドしようとすると Warning がエラー扱いされてうまくビルドが通らないことがあります。

$ ./configure
$ make
....: error: dynamic exception specifications are deprecated in C++11 [-Werror=deprecated]
....: error: nonnull argument 'this' compared to NULL [-Werror=nonnull-compare]


あまりスマートな方法ではないですがこれらのエラーを回避するためには configure 時にこれらの Warning エラーを無効にするオプションを付ければ突貫的な対処ができます。

$ ./configure CXXFLAGS="-Wno-deprecated -Wno-nonnull-compare"
$ make


「-Wno-{オプション名}」を付ければ良いわけです。あくまでも暫定対処ですが。

以上、簡易メモ。