clock-up-blog

go-mi-tech

RapidSSL ワイルドカード証明書を Apache と Azure Web App に設定(雑メモ)

情弱なもので Let's Encrypt とかいう新しくて安いものが使えず、RapidSSL ワイルドカード証明書を2万円(有効期間は1年間)で買って、諸々設定した。

これ完全に自分のためだけの備忘録で、人に読ませるつもりで書いてません。ごめんなさい。あと情報はところどころボカしてる。さすがにノーガードはどうかと思うので。

設定対象

続きを読む

読書記録「老人喰い - 高齢者を狙う詐欺の正体」

うん、これはちょっとやばいんじゃないの、っていう感じ。
洗脳や詐欺の手口が具体的すぎる。だからこそ面白いんだけど。

続きを読む

USB ASIC を用いた BTC マイニングプールへの参加 (Windows)

今更ですが、クソ安い ASIC で BTC のマイニングプールに参入してみました。

ASIC

皆さんが想像されると思われる ASIC。これは Antminer S9k というもの。3万円。4.5kg。1389W。13.5TH/s。ゴツい。
f:id:kobake:20190825143625p:plain:w300

今回使った ASIC。これは TTBIT Bitcoin SHA256 USB Stick Miner というもの。7千円(もっと安く買えるところもあるはず)。60g。5W。12GH/s。小さい。
f:id:kobake:20190825143855j:plain:w300

続きを読む

Bitcoin Core 0.18.1 ソースコードからのビルド・インストール手順 (into Ubuntu)

ひさしぶりに Bitcoin Core を手動でビルド&インストールしたので一応記録としてメモ。手順は数年前とそれほど変わった印象は無い。

一応言っておきますがバイナリからインストールしたほうが数段楽です。ビルド時間だけでも1時間くらいかかるし。

何かしらカスタマイズしたいとか特定の目的が無ければ手動ビルドはあまりお勧めしません。

環境

この前セットアップしたばかりの Ubuntu Desktop 18.04.3 LTS

blog.clock-up.jp

$ uname -a
Linux dell 5.0.0-23-generic #24~18.04.1-Ubuntu SMP Mon Jul 29 16:12:28 UTC 2019 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

$ cat /etc/os-release 
NAME="Ubuntu"
VERSION="18.04.3 LTS (Bionic Beaver)"
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
PRETTY_NAME="Ubuntu 18.04.3 LTS"
VERSION_ID="18.04"
HOME_URL="https://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy"
VERSION_CODENAME=bionic

ここに入れる。

ソースコード

本家の v0.18.1 。
github.com

doc/build-unix.md にビルド手順がだいたい書かれている。

続きを読む