clock-up-blog

junk-junction

VeraCrypt コマンドによる USB HDD の暗号化(Ubuntu 18.04)

4TB の外付け USB HDD を Ubuntu 18.04 のマシンに繋ぎ、VeraCryptコマンドによる暗号化を施す手順を紹介します。

一般的な USB HDD であれば単純に USB を繋ぐだけで普通に便利なストレージとして使えるのですが、今回はセンシティブなファイル保管を想定し、ディスク暗号化により情報流出を避ける事を目的として見据えます。

VeraCrypt には GUI 版とコンソール版がありますが、今回はコンソール版のほうを用います。

ソースコード

ソースコードは公開されています。興味があれば仕組みを覗いてみるのも楽しいかと。

今回用いる USB HDD

BUFFALO HD-EDS4.0U3-BA (Gen1)。購入当時2019年9月時点での価格 9,980 円。


あくまでも参考情報です。購入当時である2019年9月時点のリンクを張りましたが、今はもっと良い商品を選べると思うので、実践したい場合には製品選択はよしなに。

暗号化の目的

今更詳しく説明するまでも無い点ですが、OS への認証をどれだけ堅く構築しても、暗号化の施されていないストレージデバイスは普通に抜き取って別のマシンに繋げば簡単に中身は覗かれます。そういう事態を防ぐために暗号化を施します。

続きを読む

スマートフォンをスマートに使いたい

皆さま、スマホはお持ちですか。

スマホをお持ちの皆さんは、スマホをスマートに使っていますか?

とりあえず自分のユースケースを晒します

自分が使っているのは GoogleAndroid スマートフォン「Pixel 3a」です。
7個の画面を晒します。(ホーム画面からスワイプ操作で右に右に順々に進ませたもの。ホーム画面左側にもニュースフィード画面があるが、そこは略。)

 

続きを読む

2020年、明けまして、おめでとうございます

生き残れた人は、おめでとうございます。

生き残れなかった人には、お悔やみ申し上げます。


正月早々辛気臭いこと言ってんじゃねーとか思ってるよな?思うよな?ちげーんだよバカ。


生きていることの「ありがたさ」ってやつをな!!

たまには!!!!!!!!!

噛み締めろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

実は死にかけていた

2019年が終わりを迎える前に記録くらいは残しておく。

3週間前の死の予兆

実のところ3週間前の時点で、自分に死の予兆が来ていることを自覚していた。

駅のホームから「『なんとなく』身を投げてしまう」人がいるという話を聞いたことがあるだろうか。あれ、作り話じゃないから。マジだから。

今回、ついに自分の番が回ってきたな、という感覚があった。

対策

さすがに本心としては「『なんとなく』死ぬ」なんて一切ごめんだから、とにかく入念な対策を打った。

・駅のホームは常に「中央」を歩く。
・歩道では車道からできるだけ離れて歩く。
・常に「うっかり」死んでしまう可能性を考え続ける。

まず、これらを身に染み込ませる……ってそんな簡単じゃねーよバカ。

気合で意識が変わるわけねーだろ。物理的な対策するんだよ。常に「そういう可能性」があることを「忘れてしまっても」「即座に思い出せるように」至るところにリマインダーを貼る。これが対策。付箋とか携帯の裏とかノートの隅とかな。

2週間前の出来事

幸い休暇を取得していたので出勤の必要は無かったが、寝ている最中に突然身体が引き付けを起こしだした。

110

これはマズいと思い、まず 110 に電話をしてみた。119 か 110 か迷ったらとりあえず 110 にかけておけ、って誰かが言っていた気がしたから。ただ、110 は取り合ってくれなかった。そもそも今の自分の状況を説明できるほどの冷静な状態ではない。そしておまわりさんも呂律の回らない電話を相手にするほど暇じゃない。俺は「説明できないけど救急車を呼んでほしい」と伝えた。おまわりさんからは「そういうのは 119 に電話してくれ」と言われた。ハイ。

119

119 に電話してみた。しかしとにかく自分の状態を説明できる状況でない。119 の向こう側の人もやはりまともに取り合ってくれなかった。なにしろ状況を伝えることができないのだから、相手も何をどう対応すれば良いのか分かるはずが無い。救急の人だって暇じゃないのだ。諦めた。

部屋からの脱出

自分の状況を言葉にできないのであれば、誰かに視認してもらうしかない。自分はとにかく人目につく路上に出ることだけを考え、部屋を飛び出て、マンションを飛び出た。そして叫んだ。何かを。

気付いたら病院にいた。

救急科診療費の請求書が郵送で来ており、事の時系列が蘇った。今は年末年始でお医者さんも対応できないので、1月以降に当時の状況について病院の先生に確認しにいこうと思う。

以上、2019年ギリギリの生存報告。

睡眠記録

最近 Mi Band 3 っていうガジェットを使って睡眠の記録をしてる(Mi Band 4 というのもあるので、今はそっちのほうが良いかもしれない)。睡眠以外にも歩数とか心拍数とかも測れる。アプリは AndroidMi Fit を使ってる。

先に断っておくと自分は重度の不眠症のため、常に寝るときには睡眠薬飲んでる。

以下、ここ最近の睡眠の記録。

続きを読む