clock-up-blog

go-mi-tech

両端の端子が同じ形状の接続ケーブルが嫌

このトピックは最近感じている(というか昔から感じていたけど言語化していなかった)単なる雑感です。

接続ケーブルの両端の端子が同じ形状のケーブル、すごく嫌なんです。
分かってくれるでしょうか……。

便宜上、今回用いる言葉

今回は便宜上、両端の端子が同じ形状の接続ケーブルを「対称ケーブル」、そうでないものを「非対称ケーブル」と呼ぶことにします。正式な呼び方あれば誰か教えてください。

対称ケーブルの極端な例

えっと、たぶんこんな製品は存在しないと思うのですが、分かりやすく「嫌さ」を伝えるためにあえてこれを自作しました。
f:id:kobake:20180922194108j:plain
嫌ですよね?これすごく嫌ですよね??????????????????

絶対に家庭に置いておきたくないです。
自分で作っておいてなんですが、この世から今すぐ抹消したほうが良い存在かもしれません。

でも後述しますけど、巷には既にいろんな種類の対称型のケーブルが普及しているんですよね。

非対称ケーブルの例

f:id:kobake:20180922171840j:plain
はい安心。あまりにも普通なので普段意識してないかもしれませんが、この非対称性がヒューマンエラーによるトラブルをある程度取り除いてくれます。

他の非対称ケーブルの例

f:id:kobake:20180922153814j:plain
USB Type-A ←→ Micro USB Type-B

f:id:kobake:20180922153750j:plain
USB Type-A ←→ Lightning

これらもあまりにも普通なので無意識に使っていると思いますが、この非対称性があるおかげで、たとえばモバイルバッテリーからモバイルバッテリーにケーブルを繋ぐみたいな変なミスをすることはまず起こり得ません。

対称ケーブルの例

LANケーブル

f:id:kobake:20180922153009j:plain
はい出ました。LANケーブル。割と無意識に多くの方が使われているケーブルですが、こいつがやばい。頻繁ではないけど引き起こされると致命的な障害を起こす戦犯。


f:id:kobake:20180922162308j:plain
具体的にはこういうイケないことをするとイケないことが起こります。興味があれば実験してみてください。

普通に考えてこんなイージーミスするかよ?って思われる方は、何十人何百人がネットワークを使っているオフィス風景を想像してみてください。何十本ものケーブルが絡まり合っている環境では普通に起こり得るミスです(絡まないように整理しろ、ってのが正論であることもまた事実として受け止めますが)。誰かのちょっとしたミスでネットワークぶっ壊れます。なのでイーサネットハブ触るときには極力注意が必要(というか専門部署があればそこに依頼するのが安全)。


Ethernet loop

オーディオケーブル

f:id:kobake:20180922153115j:plain
これもまた見る人はよく見るケーブルだと思いますが、対称形状なんですよね。

この形状だと INPUT -> OUTPUT に繋ぐつもりが INPUT -> INPUT に繋いでしまったり OUTPUT -> OUTPUT に繋いでしまったりと割とややこしいことが起こりやすい気がします。このへんのケーブルを頻繁に扱う方々は手慣れた方々が多いので経験や習慣でカバーしているのでしょうが。

逆にいうと不慣れ、かつ、ケーブルがスパゲッティになっていると何がなんだか分からなくなります。

ディスプレイケーブル

f:id:kobake:20180922154017j:plain
これはVGAケーブル。写真は無いけどHDMIケーブルもしかり。対称形状。

ただ、これらはあまり事故のケース聞かないですね。1か所で扱う本数が多いケースがそれほど無いからかもしれない。

理想論

理想としては接続ケーブルは全て非対称であって欲しいです。製造コスト等の事情はさておき。

ジャック(ポート)やプラグの形を見るだけで、それが何を求めている物なのかが一発で分かるのが理想。わざわざ文字なんて読んでなれない。

だいたい端子の役割って「ホスト」と「ゲスト」に分かれると思っています。
ここでいう「ホスト」は何かしらの供給を担う側、「ゲスト」は何かしらの供給を受ける側、というニュアンスで捉えてください。(実際にはサービスを提供するのがゲスト部品側であることが多いので今回は「ホスト」「ゲスト」という曖昧な言い回しにあえてしています)

ホストジャック例

f:id:kobake:20180922170440j:plain:w400
f:id:kobake:20180922170838j:plain:w400
汚ぇ~

ホストプラグ例

f:id:kobake:20180922171841j:plain:w400
f:id:kobake:20180922153815j:plain:w400

ゲストジャック例

f:id:kobake:20180922171929j:plain:w400
f:id:kobake:20180922173442j:plain:w400

ゲストプラグ例

f:id:kobake:20180922171842j:plain:w400
f:id:kobake:20180922153816j:plain:w400

総括

この理想論の項で挙げたジャック・プラグの例は全て非対称です。なのでほぼほぼ事故が起こりません。

逆にホストとゲストの端子形状が同じだとしばしば事故が起こります。

例えばホストジャックにはホストプラグが繋がれるべきなのに誤ってゲストプラグを繋いでしまう、みたいなことです。

つまりは何が言いたいかというと、ホストとゲストの端子形状同じにするの、できればやめてくれ~ってことです。

以上。

Appendix

LANポート形状(およびLAN端子形状)がホスト側ゲスト側で異なる形状になっていれば事故率下がると思うんです。の図。

現仕様


改善仕様


インフラには明るくない人間の思うところなので抜け穴あると思いますが。
一応メモだけ残しておきます。

ELPA ムービープラグ ブラック A-24H(BK)

ELPA ムービープラグ ブラック A-24H(BK)