clock-up-blog

go-mi-tech

【夢】金属製の不安定なハッキング大全

Aはこう語った。


「狡猾かつ堅実なハッキングの地盤造りの手段がある。

全人類が全世界に向けて脆弱な情報を自らが発信するように仕向けることだ。
それは長い時間をかけ、人々への行動の習慣付けという形で実現され得る。

たとえば今現在 SNS へ多くの人間が疑問なく情報を発信していることに見られるように。」


私が彼の話にひどく興味を示したところ、彼はそれをある本で読んだ、と言う。
彼は「じゃあその本あげる」と言い残し、何故か全速力で家に駆け戻り、その「本」を抱えて私のもとにまた駆け戻ってきた。彼は交差点の信号など見ないので少し肝が冷える。


その「本」の形状はとても特殊で、いわゆる「ガワ」は金属製で、
いくつか並んでいる切り取り線に沿って力を込めて「破かないと」中が見れない仕組みになっていた。

f:id:kobake:20190506170639j:plain

私はその状態を見て「未開封じゃん。読んでないじゃん」と心の中で思いつつも黙って受け取った。
でも確かに彼の語った内容の概要はその「本」の表面にも書かれていた。


自室に戻り早速その「本」を開けると、中身はティッシュペーパーだった。
紙を1枚めくると、その1枚の薄い紙に緻密な文字が綴られており、それは確かに「本」だった。

私は1枚1枚を大切に写真として保管することにした。


……という夢を見た。